居心地のいい窓辺の空間づくり

居心地のいい窓辺の空間づくり

ブログをご覧いただいてる皆様、こんにちは。

設計・インテリア担当の森です。

 

 

少しずつ温かい日になってきましたね^^

朝カーテンを開けて、朝日を浴びる時間を大切にしているのですが

温かいとなんだか嬉しくなってしまいます^^

 

 

さて、今日は窓辺の空間についてちょっとご紹介します。

 

 

窓は日差しや風、景色など自然をとりこんでくれ、

家にとってとても大切な要素です。

 

 

建築予定の敷地に伺ったとき

どう自然をとりこむか、わくわくしながら考えています。

 

 

窓辺のつくりかたひとつですが

暮らしをつくるにはとても大切なプロセスです。

 

それに窓のつくりかたで大きくお金が変わることはそうそうありませんので

工夫するしかありませんね^^

(たまにめちゃくちゃ高い窓もあったりするんですが…^^;)

 

 

 

 

今日一日のことを家族で話したり、

キッチンで食器の片づけをする暮らしの中に

「今日は日差しがいいな」

「雪がふっているな」

「風が気持ちいいな」

「鳥のさえずりがきこえたかな」

そんな一瞬の自然を感じ取れるときが多いとちょっと素敵に過ごせるきがしませんか^^

 

そんなひとときを想いながら図面を書いています^^笑

 

 

 

こちらの読書スペースは

椅子に座った目線で外が見え、かつ中が見えにくいよう

窓の高さを調整しています。

青空が近く感じ取れて気持ちいい場所です。

 

 

猫がひなたのあたるところでよく眠るように

自然を感じるところに、心地よさを感じるときによく出会います。

 

 

 

別角度から。

 

なんだか写真からでも空間の気持ちよさが感じ取れます笑

こんな読書スペースが家にあるなんて

本当に羨ましく思います^^

 

 

窓辺の過ごし方を少し考えて工夫するだけで

自然と、生活の中で緑や空が感じられ

心地のいい空間になります。

 

 

 

心地よく暮らしたいとお考えの方はぜひご相談ください。

 

 

窓について
PREV
間接照明の取り入れかた
NEXT