家の断熱って・・・

家の断熱って・・・

こんにちは!工事図面担当の井藤郁美です。

今日は家の断熱についてお話します^^

家の断熱

断熱とは、その意味の通り熱を伝わらないようにする事です!

つまり、家の中の暖かさが外に逃げるのを防いだり、外の暑さや

寒さが家の中に入ってくるのを防ぎます。

では、それはどこに使われているのか…

答えは、外周部の壁、屋根、床下といった外気に触れる部分です。

今回はその中でも、壁と屋根の断熱材についてお話します!

断熱材の種類

まず初めに、コラボハウスは内断熱工法で施工しております^^

住宅では一般的な施工方法で、家の内側から柱と柱の間や屋根裏に

断熱材を施工しています。

弊社では、壁と屋根の断熱材に

吹付硬質ウレタンフォームを採用しております!

ポリオールとイソシアネートという主成分を混合し、

水を用いて現場で発泡する、環境に優しい断熱材です。

実際の写真はこんな感じです^^

↑壁の断熱

↑屋根の断熱

外気に接する壁と屋根を、この吹き付け断熱で包み込みます!

硬質ウレタンフォームですので、吹付した際はモコモコと発砲し

膨らみますが、施工が終わると固まって家に密着します。

なので、硬い発泡スチロールといった感じです^^

断熱材の性質

発泡するという事は、この中には無数の気泡が存在します。

気泡の中には、空気がたくさん入っています。

空気は、固体に比べて熱を伝えにくい特徴があります!

例えば、鉄のフライパンなどは火が通りやすく、

火力の必要な中華料理などに最適ですよね。

これは、鉄が熱を伝えやすいという特徴的があるからです。

こういった現象を“熱伝導率が高い”といいます。

熱を伝えにくいと言う事は、外からの暑さや寒さが伝わりにくく、

家の中の快適な環境が外に逃げにくくなるということです。

このような現象を“熱伝導率が低い”といいます。

熱伝導率が低い=熱を伝えにくいので断熱性に優れる

ということになります。

そのため、無数の空気が含まれている

この吹付硬質ウレタンフォームは断熱性に優れています!

断熱材の厚み

では実際どのぐらいの厚みがあるのでしょうか?

コラボハウスでは、壁80㎜・屋根160㎜の厚みを基本仕様として

施工しています!

もちろん自社検査で、厚みが確保できているか

デジタルノギスを使ってきちんとチェックしています^^

↑壁の断熱材の厚みを測る

↑屋根の断熱材の厚みを測る

検査の詳しい様子等は今後ブログに書けたらと思います!

いかがでしたでしょうか。

断熱材には様々な素材がありますが、今回はコラボハウスの使用している

吹き付け断熱に絞ってお話しました!

断熱材が気になるという方は、お気軽に設計士にご相談下さい!

今後も材料のお話や、検査のお話などしていきたいと思いますので

ぜひブログご覧になってくださいね^^

【家づくりが不安な方へ】基礎コンクリート編
PREV
家の配置確認 *地縄*
NEXT