造完検査に行ってきました!

造完検査に行ってきました!

こんにちは!工事図面担当の井藤です^^

 

皆さん、工事中のお家がどのように工事が進んでいるか気になりませんか?

コラボハウスでは、工事中に社内でダブルチェックの検査をしています。

工事が着工してから完成するまでの間、現場監督がお客様の担当として現場の管理や施工チェック、お打合せを行います。

それにプラスして、その現場を担当していない監督や私たち工事図面担当者が、第3者として検査を行います!

ダブルで確認する事で、より質の高いお家づくりができるようにチェックシートに基づいて検査をしています^^

 

先日、工事中物件の造完検査に行ってきました!

造完検査は、大工さんの工事が終わり、クロス工事に入る前に行います。

主な内容は、造作家具などの寸法チェックです。

コラボハウスは、洗面台や収納棚を大工さんが造り付けにすることが多いです^^

そのため、大工さんの作業が終わった段階で、図面を見ながら隅々まで寸法を測ります!

 

 

 

それが終わると、石膏ボードの確認をします。

壁の出隅に、強度の高いスーパーハードタイプの石膏ボードが貼られているか

※壁の出隅は、生活していく中で物がぶつかったりしやすい箇所なので、より頑丈な石膏ボードを貼っています。(グレーのボードです!)

石膏ボードの間隔が既定の150㎜以内になっているか

 

ボードのへりあき(端からビスまでの間隔)が12㎜以上確保できているか

 

天井の石膏ボードが千鳥に貼られているか

などなど…内容はてんこ盛りです!

 

その他、建具枠のたてり(垂直になっているか)を水平器で確認したり

 

下地補強が入っているかを下地チェッカーを用いてチェックしたり…

家の隅々まで確認します^^

 

 

この検査が終わればいよいよ完成に向けてラストスパートに入ります!

検査では、1棟のお家を着工から完成まで見届けますので、毎回ワクワクしています!!

今後ブログで、他の検査についても書いていこうと思います!お楽しみに^^

 

 

 

 

 

 

【家づくりが不安な方へ】錆び(さび)編
PREV
鉄骨階段のメリット・デメリット 【実例写真付き】
NEXT