鉄骨階段のメリット・デメリット 【実例写真付き】

鉄骨階段のメリット・デメリット 【実例写真付き】

こんにちは^^

設計・インテリア担当の森です^^

最近過ごしやすい気温になり、ついに衣替えをし半袖デビューいたしました^^

衣替え大変でした…笑

 

さて本日は、二階建てや三階建てを検討されている方から

よく質問していただく「鉄骨階段」ついてご紹介させていただきます^^

 

鉄骨階段とは?

鉄骨階段とは骨組を鉄でつくられた階段のことです。

「踏板(ふみいた)」と骨組みだけで構成されることが多く

スケルトン階段やストリップ階段、シースルー階段とも呼ばれることもあります^^

スケルトン、シースルーから連想されるとおり階段の向こう側の空間が透けてみえます^^

 

リビング階段や吹き抜けの階段としても人気があり、

圧迫感がないので狭小スペースに設置した場合でも狭さを感じさせません。

ただ人気はあるものの、デメリットももちろんありますので、

デメリットについてもみて頂いてから、間取りに採用されるか考えてください^^

 

では、鉄骨階段のメリットとデメリットについて解説していきましょーーー!

 

鉄骨階段のメリット


①開放的な空間になる

鉄骨階段をとりいれるとまず、空間は広く感じます^^

一般的な階段は「踏板」と「踏板」が繋がれていることが多いですが、

鉄骨階段は繋がれていないため、階段の向こう側の景色が見えます。

階段の向こうの景色が見えると、階段の面積分まで広さとして認識してしまうので

広くみえてしまうのです^^

 

この「踏板」と「踏板」をつないでる垂直の壁があるとないで解放感は全く違います。

この垂直な壁を「蹴込板(けこみいた)」といいます。

このひと工夫だけでかなり奥行が生まれ、空間が開放的になります。

 

 

この性質から鉄骨階段とリビング階段は、とても相性がよいです^^

 

特に狭小地等で、思いの外リビングに割ける面積が狭くなってしまう場合、

鉄骨階段を取り入れて、リビングを広くみせることができます

 

鉄骨階段だと圧迫感を感じにくそうですね^^

 

また階段下をテレビスペースやデスクスペースにすれば、

リビングの面積を有効活用でき、広くてお洒落なリビングが出来上がります。

 

ただ、リビング階段や吹き抜けを採用する場合、

家の断熱性能計画や、しっかりと空調計画を設計士と計画することをおススメ致します^^

 

 

②デザインの自由度が高く、お洒落

なんといってもお洒落です!笑

雑誌やインスタグラムで一目ぼれされてる方が多いような気がします^^

 

鉄骨階段は、形も自由にオーダーメイドもできるので、デザイン性が高いのが魅力的です。

構造材に鉄骨を使うので、細く薄い板でも強度を保つことができ、

軽やかな印象にすることができます^^

こちらはらせん階段です^^

家の階段の概念を変えてくれるのが鉄骨階段の魅力ですね^^

 

見た目にインパクトがあるため、空間のアクセントとしてかなり力を発揮する要素に間違いありません!

 

本当にいろんなデザインにすることができますので

希望のデザインの画像を持ってきていただいて直接設計士に相談してみてください^^

 

いろんなアイデアを提案させていただけるはずです^^

 

③室内に差し込む自然光を遮らない

鉄骨階段を採用されると、部屋の奥まで自然の光が届きやすくなります。

例えば南の大きな掃出し窓の前に階段がきても、階段の奥からの自然光が届きます。

どうしても窓の前に階段を持ってきたい場合にはうってつけです^^

部屋に差し込む採光を確保するために吹き抜けにしたときに

鉄骨階段は大きくそのメリットを発揮してくれるので

狭小住宅を設計するときには、このメリットを最大限に活かして設計しています^^

 

 

 

④空気の循環が良く、風通しが良い

自然の光と一緒に階段の隙間を風が通り抜けるため、

空間全体の風通しがよくなり、空気が循環するというメリットもあります。

 

せっかく室内を明るくしようと吹き抜けにしたのに階段が邪魔で奥の部屋まで光が入りにくくなる場合は

同時に空気の循環が悪くなっている可能性が高いです。

鉄骨階段を利用すると階段の隙間から風や光を取り入れることができ、室内空間がとても快適になります。

 

 

鉄骨階段のデメリット


①配置を配慮する必要性

鉄骨階段にする際に忘れがちなまず気を付けたいポイント。

それは配置です。

例えば、お子さんたちがスカートをはいて昇り降りするとき、下から丸見えになる心配があります。

 

 

一緒に住まわれる方がストレスがない位置かどうか、まず事前に確認することが大事です^^

ちょっとしたことですが生活する上で大切になってきます^^

 

②価格が高くなりやすい

これはよく聞かれる方も多いかと思います^^

やはり木材でつくるより鉄でつくると費用が高くなります^^;

 

ただ、コラボハウスは鉄骨階段も自分で設計して、

鉄工場に直接お願いしますので、

設計料も中間マージンもない為、多少お値打ちにはできます^^

 

ただ皆さん、周囲のインテリアと合う素材選びにこだわってしまうことが多く

費用が高くなりがちな気が…笑

 

こちらは設計士に直接聞いていただいた方が早いと思います^^

 

③怪我や転落に注意

鉄骨階段にはメリットも多くありますが、個人的に一番気になるのは安全性です。

 

誤って深く踏み込んだ時にすねを怪我してしまう可能性があります。

また、小さい子供さんは、こけたりしたときに隙間から転落してしまう可能性もあります。

なので鉄骨階段を採用するときは安全性に注意しないといけません。

 

小さい子供さんがいらっしゃる場合は、

大きくなるまでネットやベビーゲートを設置して危険防止策を施す必要があります^^;

 

デザインと安全性とどちらかをとるなんてできない!っていう方も多いと思います^

 

お子さんも安心して利用できるよう対策もありますのでまたご相談ください^^

 

④階段下収納とれない

一般的な階段には階段下に収納スペースを造作することができますが、

鉄骨階段は、階段下がオープンになっているので収納がとれません^^;

扇風機や掃除機等ちょっとした収納として便利でもある階段収納。

ただ、使いやすい収納かといわれると

形もいびつなのでそこまでいらないという声も。

 

解放感と収納力。

どちらも捨てが痛いですね^^;

 

 

鉄骨階段のメリット・デメリットまとめ


さて、いろんなメリットデメリットを紹介させていただきました。

 

鉄骨階段は何より部屋が広く感じやすいので魅力的ですね。

明るさや空気の循環もよくなるので

特に狭小住宅や、吹き抜け部分、リビング階段を考えてる方にはおすすめです^^

 

鉄骨階段のお洒落なデザイン性注目されますが

いつもお施主様と金額や安全性等デメリットも一緒に考えて、最終採用するか決めて頂いています^^

 

デメリットも踏まえて、それでもかっこよく作りたい!とおっしゃっていただける方には

喜んで設計させていただきます^^!

 

 

それではまた

 

造完検査に行ってきました!
PREV
E様邸 祝上棟です^^
NEXT