設計士とつくる外構の話。

設計士とつくる外構の話。

 

 

こんにちは!
コラボハウス設計士の黒田です^_^

 

 

 

今日はいつものお家の話とは

ちょっと違った

設計士とつくる外構のお話です!

 

 

 

 

まず大前提として

外構工事に関しては

 

”正解不正解がない”   ”わかりにくい”

 

というのが事実です

 

 

 

だからこそ

外構は建物と一緒に計画していくことが

とても大切なんです!

 

 

 

□設計士とつくる外構がなぜいいのか

 

 

□外構工事の現状

 

 

□まとめ

 

 

 

今日はこの流れで

お話ししていきます(^^)✨

 

 

 

 

 

気になった方は
是非最後まで読んで頂けると嬉しいです♪

 

 

 

□設計士とつくる外構がなぜいいのか

 

 

設計士とつくる外構の良さとは何なのか?

 

 

 

私たちは日々の打ち合わせで

土地に対して

使いやすい間取りを作ったり

外観の調節をさせて頂いているので

ちょっとカッコいいお家づくりを得意としています♪

 

 

 

そこに外構の提案も加えることで
土地の使い方やお庭も含めたより良い提案が可能になります!

 

 

 

例えば、、

 

お家のいろんなところから景色楽しめるように工夫したり

 

 

 

 

 

きれいな外観に合わせて

外構を作ることで

お家がより際立ちます。

 

 

 

 

 

 

 

コンクリートで敷地全体を
覆ってしまうだけでは
無機質な雰囲気のお家になってしまったり

 

 

 

外構の仕上がり次第で
家全体の印象が決まりますね!

 

 

 

 

キレイな家でも

外構をしないと

寂しく感じますよね…

 

 

 

 

見た目の問題だけではなく

初めから外構のことを考慮しないと

利便性が悪く今後のメンテナンス性も低下してしまいます。

 

 

土地の使い方、見た目、総額のバランス

設計士だからこそ、すべてをご提案できると思っています!

 

 

 

 

□外構工事の現状

 

 

 

そもそも外構工事とは

簡単にいうと家の外回りの工事の事を指します。

 

 

 

外構工事は基本的に

お家が完成してから工事を進めていくので

必ず費用の問題に直面します。

 

 

 

外構工事って意外と高いんです。。

 

 

 

 

 

どうしても

先行して建物の打ち合わせが進んでいくので

外構費用のおおよその予算組をしていても

外構は後回しにしがち。

いざ家が建ち始めて外構を決めようしても予算が、、

 

 

 

これが現状です。

 

 

 

そうならないために

ある程度やりたいことや

外観に合わせた外構の提案をさせて頂いています。

 

 

□まとめ

 

 

 

間取り、外観、外構を一緒に考えることで

そこに繋がりが生まれ、付加価値となります。

 

 

手入れがめんどくさいからお庭なんていらない

 

 

と思われる方も多いと思いますが

それ以上の価値があるものだと思います。

 

 

 

 

 

 

なにより、外構も家の一部です。

お家の中はこだわって作ったのに、

外観やお庭をこだわらないということ自体

間違っているとも言えるのではないでしょうか。

 

 

 

長々と書いてきましたが、

家に関することは全て設計士に任せることが

何より安心です!

 

 

 

そして、間取りと外構のつながり

それぞれの良さを最大限に引き出せるのも設計士です!

私たちと良い家づくりをしませんか?

 

 

 

設計・インテリア担当 黒田章悟

 

 

DIYでは難しいお庭のコンクリート仕上げいろいろ
PREV
クロス(壁紙)の選び方♪
NEXT