クロス(壁紙)の選び方♪

クロス(壁紙)の選び方♪

クロス(壁紙)

だんだんと暑くなって夏が近づいてきましたね!工事図面担当の井藤郁美です^^

今回はクロス(壁紙)についてお話しようと思います!

 

新築の住宅のお打ち合わせの中で、クロスの打ち合わせは、楽しい反面、柄や種類が多すぎて迷われる事もあるかと思います!

そこで今回は、クロス選びのポイントをまとめてみました^^

 

 

①家のテイストを決めましょう♪
まず、クロスを決める際に、どのような雰囲気のお家にしたいかを決めていきましょう!
インスタグラム、ピンタレストであったり、もちろんコラボハウスの施工例もご覧になっていただいて、好きな内装のお写真を集めてみて下さい!
そうすると自分の好きなテイストが見えてくるはずです!

 

 

②ベースのクロスを決めましょう♪
お家全体のイメージがなんとなく湧いてきたら、家のメインとなるベースのクロスを考えましょう!

 

クロスの種類は大きなカテゴリに分けると
織物調と石目調があります!

 

織物調は名前の通り、生地のような風合いがあり、どんなテイストにも合わせやすいクロスが多いです!

石目調は、しっくい壁のような柄であったり、石やレンガ、コンクリートの柄になります。

 

ベースのクロスを決めるにあたって、まずこの織物調にするか、石目調にするかで全体のイメージが大きく変わります。

 

シンプルなテイストがお好きであれば、織物調の中でも、細い糸を均等に織ったような凹凸の少ない、柄が目立たない白のクロスがオススメです^^

 

ナチュラルなカフェ風テイストがお好みであれば、石目調のしっくい壁の柄は相性がいいと思います!

しっくい柄の中でも、コテ跡がしっかりついたようなものを選ぶと、西海岸スタイルや南欧風のお家に良く合います!

しっくい柄は、かなりリアルな質感が感じられるクロスが多いので、是非クロスサンプルを手に取ってみて下さい!

 

 

もちろん、ベースクロスは白だけではありません。少し難易度は高いですが、グレーも素敵ですね!

 

方向性が決まったら、打ち合わせスタジオにはクロスのカタログがありますので、同じ織物調もしくは石目調で何種類か候補を絞りましょう!

クロスサンプルはA4サイズでお取り寄せすることもできます。

直接メーカー公式サイトから取り寄せてもいいですし、設計士に頼んでいただいても大丈夫です!!

 

③アクセントクロスを選びましょう♪
ベースクロスが決まったら、次はアクセントクロスです。

アクセントクロスとは、その名の通りお部屋のアクセントにしたい壁面に、色の入ったクロスや柄のあるクロスを貼ることです!

もちろん無理にアクセントを入れる必要はありません!ちょっとした遊び心を入れたいな、という場所があれば、ぜひ入れてみて下さい!

 

 

どこをアクセントにしたらいいか難しい…そんな時は設計士にご相談ください^^

 

 

そしてアクセントクロス選びで多いのが、

「このクロスを使いたいけどどこで使おう…」「柄が派手すぎないか心配…」

といったお悩みです。

そんな時にオススメな場所をご紹介します!

1.ウォークインクローゼットやパントリー等の収納の中

普段ずっと見えるわけではないけど、その場所に入ったら気分が上がる場所、収納の中をお好きなアクセントクロスを使うのがオススメです^^

大きな空間で使うわけではないので、その分思い切って派手な柄や色を使ってもいいですね♪

例えばお子様のお部屋であっても、将来子どもが大きくなった時の子供を考えてカラフルなクロスを使いたいけど躊躇されてる方は、ぜひクローゼットに使ってみてください!開けるたびにワクワクしますね♪

このように、自分だけの好きな空間づくりをしてみて下さい!

ちなみに私はムーミンが好きなので、サンゲツさんのムーミン柄クロスをいつか使おうと心に決めております^^

 

 

2.トイレ

アクセントクロスの定番箇所でもあるトイレ。

狭い空間だからこそ、少し挑戦したクロスを選んでみてもいいかと思います!

トイレを2つ検討されてる方は、メインでない方のトイレを派手な色や柄のにしてみても楽しいかと思います^^

 

 

3.ニッチの中

大きすぎる場所に使うのは勇気が出ない…そんな時は、ニッチの背面に使いましょう♪

きっと素敵なお気に入りの場所になるはずです。

 

 

クロスって本当に悩みますよね。

クロスサンプルでは決めれない!というときはクロスメーカーのショールームもオススメです!

ただ、このようなご時世なので、なかなかショールームまで足を運べない時は、ピンタレストやルームクリップなどを最大限に活用して下さい♪

“アクセントクロス” “クロス 青”など検索すると、沢山の写真が出てきます。品番が載ってる事も多いので、イメージにより近いクロスを見つける上で参考になると思います!

参考になりましたでしょうか?

内装打ち合わせの最終段階でもあるクロス選び。

素敵なお家になるよう、私たちがお手伝いさせていただきますので、是非色々とご相談ください^^

設計士とつくる外構の話。
PREV
外壁材の違いについて
NEXT