お家の室内建具のご紹介!

お家の室内建具のご紹介!

こんにちは!申請・図面作成担当の井藤郁美です。

 

今日は、家の中にある、室内建具についてお話しようと思います^^

 

まず、室内建具とは、

各部屋に入るときの入口のドアの事です。

 

普段毎日当たり前に使っていますが、

実は建具にも色々な種類があります!

それではいくつかご紹介します♪

 

 

開きドア

こちらはいちばん分かりやすい形の建具ですね^^

開きドアは部屋に入るときの建具としても

トイレ等の水廻りの出入口にもよく使われます。

上のお写真のように、開きドアを

LDKのメインドアとして使われる場合、

アクセントにカラードアを入れてもお洒落ですね♪

 

 

また、お子様のお部屋の入口をカラフルなドアにされても可愛いですよ!

 

開きドアを、造作で作るという事も出来ます!

下のお写真は、造作のガラスドアです^^

存在感があって素敵ですね!

 

 

片引戸

こちらも引戸の中で一般的な形の建具です!

引き戸は、開き戸ドアではスペースを取ってしまう場合にも

よく使われます。

 

お写真のように、壁と同じ面に引戸が引き込まれます。

上のお写真は、シンプルなホワイトの建具にすることで

壁と一体化して空間に溶け込んでいます^^

洗面台のタイルの鮮やかさがより引き立ちますね!

 

 

アウトセット片引戸

こちらは、壁の前に建具を滑らせる建具です!

分かりづらいと思いますので、お写真をご覧ください♪

お写真の左の建具がアウトセット引き戸です^^

 

ドアの上部にレールがありますが、

このレールで引戸を吊っています。

 

レールを天井に埋め込むタイプの建具もあり、

本当に壁と一体化したような引戸にすることもできます。

 

引戸にしたいけど構造上壁が必要で、壁と同じ面に引くことができない。

といった場合にもよく使われる、万能な引戸です!

 

 

引込戸

こちらは、上の2つの建具と違い、

壁の中に引戸が収納されるタイプの引戸になります。

お写真だとこのような感じです!

分かりますでしょうか・・・

この引戸を開けると建具が壁の中にすっぽりと入っています!

 

引込戸を使う場面としては、

上のお写真のように、片側にタオル掛け、

反対側に固定の棚といった

両側に壁が必要な時に登場します!

 

 

いかがでしたでしょうか?

室内建具といっても、たくさんの種類があります。

今回は、その中でもよく使われる4つの建具のお話でした^^

 

設計士が間取りに合わせて最適なご提案をしますので、

お打合せの際になんでもご質問してください♪

 

 

地盤調査以上に大切な土地選びのポイント
PREV
外壁材 サイディング(窯業系)とは?
NEXT