これから家づくり始める方が受けれる優遇制度 2022年

これから家づくり始める方が受けれる優遇制度 2022年

こんにちは。設計・インテリア担当の井藤優作です😃!

クリスマスを控えた街の華やかさに心弾むこの頃。

皆様はいかがお過ごしのご予定でしょうか?😃

 

 

私は、妻がクリスマス 12/25(土)が誕生日なので

どのようなクリスマスにしようか考え中です~🎵😆

 

 

 

何事も計画することは大事ですよね!!ということで、

今回は!!これから家づくりを始められる方が受けれる優遇制度について 2022年!!の

お話をしようと思います。

 

2021年同様の優遇制度が適用されるものもあれば、なくなったり、制度が変わるものもあります!!

今までと同様と思っていると、受けれなかった!なんてことも、、、

是非 見て頂ければと思います😃

 

 


≪2021年~2022年  優遇制度一覧≫

 

◎こども未来住宅支援事業(新築)           助成金 60~100万円/戸

 

◎ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業  助成金 60万円~/戸

 

各市町村住宅関連補助金制度 一覧  

      

◎住宅ローン減税             最大400万(長期優良住宅の場合 500万円)/戸

 

上記が来年以降も適用されていく制度になります。
それではより分かりやすく要点をまとめていきましょう!!

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

◎こども未来住宅支援事業(新築)

この補助制度では、主な住宅取得層である子育て・若者世帯を対象にしており、住宅の受ける内容も

比較的わかりやすく、今後多くの方が利用しやすい制度となっています!

なお、若者向けの印象がありますが、40代・50代の方でもお子様が18歳未満であれば、対象となりますので

お気軽にご相談くださいませ。

 

上記国土交通省参照

 

ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)支援事業

※使うエネルギーと発電するエネルギーがほぼ同じであるZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)を取得し

ZEHへ改修する場合に補助金が交付されます。

(ZEH・ZEH+・次世代ZEH)とたくさんございます。

 

上記環境共創イニシアチブル参照

 

各市町村住宅関連補助金制度 一覧

各市町村が実施する補助金制度のこと。下記参照してください😆

※市により、補助金の制度にも違いがあります。

 

以前のブログ参照ください。住宅に関わる補助金って建てるエリアで違いがあるんです!!(大阪編)

 

 

◎住宅ローン減税  

住宅ローン減税に関してはメディアにもたくさんでており、ご存じの方も多いかと

思いますが、、2011年の優遇制度と2022年の制度は少し変わっております。

国土交通省 すまい給付金サイト参照

 

 

いかがだったでしょうか。

2022年以降も住宅を建てるための補助金などがたくさんありますので、

どの補助金が私たちには適用されるのだろう?と思われている方にもわかりやすく

ご説明させて頂きますので、お気軽に堺 中百舌鳥スタジオに遊びに来てください😆

またスタジオには保育士さんも駐在しておりますので、お子様と一緒にお越しください!!

 

 

補足;それ以外のお金シリーズ

「後から後悔しないための資金計画」を設計士が解説!!(お金編)

損をしない住宅ローンの考え方をFP設計士が解説!!(お金編)

住宅に関わる補助金って建てるエリアで違いがあるんです!!(大阪編)

 

失敗しない土地探しの3つの方法
PREV
水まわりの床材は「クッションフロア」?それとも「フロアタイル」??
NEXT