• HOME
  • スタッフブログ
  • 水まわりの床材は「クッションフロア」?それとも「フロアタイル」??

水まわりの床材は「クッションフロア」?それとも「フロアタイル」??

水まわりの床材は「クッションフロア」?それとも「フロアタイル」??

 

こんにちは。

設計・インテリア担当の加藤です^^

 

この前の現場でのこと。

ちょうど水回りの床材を施工していました。

今回は、珍しくフロアタイルに目地棒をプラスして、

本物のタイルに見えるようにしてみました^^

 

いかがでしょうか?

写真で見ると、本物のタイルなのか、フロアタイルなのか分かりませんよね?^^

 

そこで今日は、水回りの床材のお話をさせていただきます^^

基本的には、水回りもLDKなどと同じフロアー材を使いますが、

それ以外の床材で選ばれることの多い、水に強いプラスチック系床材。

これが「クッションフロア」と「フロアタイル」です。

この二つの違いは何かというと。。。

 

「クッションフロア」

柔らかいシート状のもので、滑りにくくするための凹凸の加工がシート表面に施されています。

厚みは1.8㎜が一般的ですが、さらにクッション性のよい2.3㎜厚や3.5㎜厚、階下への音を和らげる効果のある4.5㎜厚のものもあります。

クッションの役割を担う発泡層があることで、歩行感がいいのが特徴です。

クッションフロアはシート自体が幅広で長尺のため、

継ぎ目が少ない施工が可能です。

液体をこぼしても下に浸透せず、水拭きできれいになるので、水回りに重宝されています。

ただ、材質が柔らかいので、重たいものを置いたら凹みが出来たり、強くこするとキズが付いたりするので

気を付けてください。

 

「フロアタイル」

硬くタイル状のもので、商業施設などで使われることが多かったようですが、最近は住宅にも多く取り入れられています。

厚みは2.5㎜~3.0㎜が多く、本物のタイルのようで意匠性が高く、傷や割れに強い床材です。

大きさは30㎝角から45㎝角の正方形が主流ですが、もっと大きい60㎝角や長方形、多角形などバリエーションも豊富です。

このフロアタイル、タイルと同じように1枚ずつ張っていくので継ぎ目が多くなります。

素材自体は水に強いですが、継ぎ目から水がしみ込まないように

水洗いなどは避けた方がいいと思います。

 

「フロアタイル」はクッションフロアとタイルの間のような存在かなと思っていて、

個人的にオススメしているものです^^

 

今回ご紹介している事例のもの以外にも種類が豊富なので、

仕様打合せの際は、是非色んな種類を見てください^^

 

加藤

 

これから家づくり始める方が受けれる優遇制度 2022年
PREV
お家の中で作って良かったと思える色々なニッチのカタチをご紹介♪
NEXT