知っていると便利な建築の単位 第2弾!

知っていると便利な建築の単位 第2弾!

こんにちは!

申請・工事図面担当の井藤郁美です^^

冬季オリンピックが開幕し、盛り上がっていますね!

 

今回は、知っていると便利な建築の単位 第2弾です!

知らなくても大丈夫だけど、

知ってると、もしかしたら役立つかもしれない

そんなところを今日はご紹介します^^

ではいきましょう♪

 

間口(まぐち)

聞いたことある方も多いかもしれません!

一般的には、家を正面側(道路側)から見た時の

家の幅のことを指します。

 

「間口が3間」

これは、家の幅が5,460mm

という意味です!

 

?!?!

どういう事?となるかと思います…

”間”というのは建築の単位です。

間(ケン)と読みます!

 

1間=1,820mm

 

どうしてそんなに中途半端な数字なのか?

と思われるかもしれません。

 

これは、日本に古くからある「尺貫法(しゃっかんほう)」

に基づいている単位になります。

日常の生活では、数字の単位はmや㎝だと思うのですが、

建築業界では、今でも尺貫法を用いているところが多いです!

 

 

尺貫法の単位を、わかりやすい㎝にしながらご説明します!

 

分(ぶ)

1分=0.303㎝

寸(すん)

1寸=3.03㎝

1寸=10分

尺(しゃく)

1尺=30.3㎝

1尺=10寸

間(けん)

1間=181.2㎝

1間=6尺

 

これらの寸法を基本として、第1弾でお話した、帖や坪をお話しているわけです^^

↓第1弾ブログ

https://www.collabohouse-o.com/blog/blog-6106/

 

現場では、これらの単位で会話が飛び交います。

3×10板(さんとうばん)

3尺×10尺のサイディングや合板等のこと。

3×6板(さぶろくばん)

3尺×6尺の合板等のこと

 

その他にも、”すんさん(1寸3分)”や”いんご(1寸5分)”

等々、暗号のような数字が飛び交います。

 

私も初めは

?!?!でした…

大工さんたちは全て寸・尺でお話されるので、

頭で変換するのが大変でした!

 

ここまで知っていただく必要はないですが、

豆知識として頭の片隅に置いておいて下さい!

お打合せでは、第1弾でご紹介した単位ぐらいしか

出てこないと思いますのでご安心ください^^

 

この他にも、建築用語はたくさんありますので、

機会があればいつかお話しようと思います!

お読みいただき、ありがとうございました^^

 

2022年!流行りの設備について設計士が見どころポイントを伝えます!!!
PREV
おむつ・授乳スペースのご紹介♪【中百舌鳥オープンスタジオ編】
NEXT