見せ梁って何?梁で空間を魅力的に演出する方法をご紹介!

見せ梁って何?梁で空間を魅力的に演出する方法をご紹介!

こんにちは!工事図面担当の井藤郁美です^^

 

風が心地よい季節になってきましたね♪

春はお天気のいい日が多く、

気持ちも晴れやかに過ごせるので

春がとても好きです^^

皆さんはどの季節がお好きですか?

 

 

今日は、見せ梁についてお話しようと思います!

 

みなさん、”見せ梁”と聞いて何が思い浮かびますか?

ちょっと聞きなれない単語かもしれません!

分かりやすいお写真がこちら。

 

天井に木の梁が見えていておしゃれですよね^^

これが見せ梁です!

 

 

見せ梁には方法が2つあります。

 

①構造の梁を化粧の梁として使う。

これは、家の構造の梁を

きれいな”化粧柱”にして見せる方法です。

 

例えばこんな感じです^^

大きな吹き向けに力強く梁がかかっていますね!

開放感もあり、かつ構造としてのどっしりとした梁が

存在感を放っていて素敵ですね^^

 

構造としての梁を見せることは、他にもメリットがあります。

例えばこちらのお家、

本来の住宅の天井高さは、キッチン側の天井高さです。

コラボハウスは2,425㎜とさせていただいております!

お写真の奥側、キッチン側が通常の天井高さです。

 

ではリビング上の天井をご覧ください!

天井が高くなっていますよね^^

構造の梁をあえて見せることで、

天井高さを高くすることが出来ます!!

 

このような例もあります^^

通常は梁の下で天井を作ることが一般的ですが、

梁をむき出しにして、さらにこのお家は

勾配天井(斜め天井)にすることで

高い天井を確保しています!

 

②付け梁をして見せ梁する。

構造と関係なく 、付け梁で梁を見せる方法です。

この方法のメリットは、

好きな大きさ、間隔で取付できる点です!

細い梁が、細かいピッチで入っていて

とても綺麗です^^

 

通常の天井を張った下に梁を取付するため、

高さは少し低くなりますが、

見せ方を自由に決められるところが

大きなポイントです♪

 

 

もちろん、間取りにより

どのような見せ方ができるか、

どんな大きさの梁がくるかも変わってきます。

 

事前にこんなイメージで梁を見せたい!!

等ありましたら、

設計士にご相談ください^^

 

一緒に理想のお家づくりをしていきましょう♪

 

 

かっこよくて快適なマイホームを夢見て
PREV
完成見学会を行いました♪
NEXT