• HOME
  • 費用とコスパの話

COSTPAFOMACEなぜコラボハウスは
コスパがいいのか?

設計料+大工工事費+材料費 設計事務所・大工さんのコラボハウス

材料費以外の
「無駄なコスト」
カットしました。

  • 1.営業マンの人件費
  • 2.モデルハウスの
    建築費・維持費
  • 3.無駄なデザイン
  • 4.材料は共同仕入れ
材料費以外の「無駄なコスト」をカットしました。

コラボハウスには営業がいません。また、モデルハウスもありません。高額な費用がかかる無駄な宣伝広告も行なっていません。

お客さまにご満足いただける一棟を建て続けているからこそ、「私もあんな家を建てたい!」というお客さまがつながっていく。それがなによりの営業活動だと思っているからです。効率のよいコストカットを採用しながら、家づくり一本で勝負をしています。

また、デザイン1本でやっているデザイン事務所などはデザインで利益を出すしかないためデザイン費用が高額になりがちですが、私たちはデザイン・設計・施工を一括で行うことで全体の経費を抑えることにもつなげています。

必ず必要になってくる材料費についても、ただ安いものを使うと品質の悪い家ができてしまうだけなので、そこでもひと工夫。関連会社と合わせて一括発注をかけることで、よい品質の材料をコストを抑えて、安定した価格でご提供できるような仕組みを作っています。

また、私たちの特徴でもある、「設計士がお客さまと直接打ち合わせ」を採用することで、共有したイメージが直接設計イメージへとつながり、時間の節約にもなるため、ここでも無駄な時間を省いたコストカットが実現しています。

無駄なコストを抑えるから1000万円台の家づくりが無理せずできます。

  • 本体価格
    1,680万円
    施工面積
    116.00m²
    35.10坪
  • 本体価格
    1,790万円
    施工面積
    119.24m²
    36.07坪
  • 本体価格
    2,235万円
    施工面積
    149.39m²
    45.19坪
  • 本体価格
    2,420万円
    施工面積
    157.80m²
    47.73坪
  • 本体価格
    4,935万円
    施工面積
    274.03m²
    82.89坪

付帯工事・諸費用について

以下の諸費用は物件ごとに大きく異なるため、本体工事には含みませんが予算組としてご提案します。

  • エアコン
  • 外部シャッター雨戸
  • 造成費用
  • 食器棚
  • 照明器具
  • お庭工事
  • 床暖房
  • 太陽光発電
  • 付帯工事
  • 家具
  • 登記料等
  • 水道引き込み工事
  • カーテンとレール
  • 引っ越し費用
  • 設計申請料