白形 真

現場管理・工事図面作成担当 白形 真 Makoto Shirakata

  • 愛媛県伊予郡砥部町出身
  • 松山工業高等学校 建築科
  • 愛媛電子ビジネス専門学校建築CAD 設計科卒
  • 一級建築士
  • 宅地建物取引主任者
  • 一級小型船舶操縦士
  • 危険物取扱主任者(乙1~6の全て)
  • 下水道排水設備工事責任技術者
  • 福祉住環境コーディネーター3級
  • 型枠支保工組み立て等作業主任者
  • 足場組み立て等作業主任者
  • 木造建築物の組み立て等作業主任者
  • 石綿取り扱い作業主任者
  • 建築CAD実務能力検定2級
  • 初級システムアドミニストレータ
  • 少林寺拳法初段

負けず嫌いな家づくり

お客さまと打ち合わせをして、住宅の設計をするのが仕事です。    
祖父が大工だったこともあって、小さい頃から建物が好きでした。
百年以上の工期をかけて未だ建設中のサグラダ・ファミリア聖堂を、スペインまで見に行ったこともあります。
専門学校を出たあと、大工として建築会社に就職しましたが大工以外の現場の仕事もたくさんありました。
負けず嫌いな性格なので、新しい役割を与えられるたび、しっかり勉強して、きっちり仕上げてきたつもりです。

あるとき、友人から頼まれて、横浜市のマンションの建設現場で、型枠大工として働きました。
親方の下で、数人の職人さんたちと一緒に3ヶ月仕事をさせても らったのですが、無駄のない、きびきびした動きについていけなかった。プロの現場とはこういうものなのかと、愕然としたことを今でも覚えています。  
プロになりたい。設計から現場の施工、監理も含めて、一人でも、家を建てられるように日々奮闘しています。
お客さまとの会話から設計に必要な情報を共有し、これまで積み上げてきた現場での経験を家づくりに役立てていきたいと考えています。