バス停が目の前の家

バス停が目の前の家

間口4m、広さ23坪の狭小な土地に建つ二世帯住宅。 ロフトやスキップフロアなどが立体的に空間を区切り、それぞれのプライベートも大切に快適な暮らしを作り出している。 外観には、落ち着いた深いグリーン色のガルバリウムを採用することで、古くから在る町並みに馴染む、モダンなお家が出来上がった。

  • LDKを囲むように中庭を設け、外からの視線を気にせず、それぞれの部屋にたっぷりと光を取り込む。

  • キッチンの上には収納や趣味の空間として使えるロフト。

    採光を取りいれる実用性とデザイン性も兼ね備えた空間。

    キッチンとリビングをつなぐ空間に設けたワークスペース。

  • 目の前のバス停看板が目印となり、ガルバリウムの外壁が一際目立つ外観。

お庭キャンプができる吹き抜けリビングの家
PREV
やさしい木の家
NEXT