薪ストーブのあるロの字の平屋

薪ストーブのあるロの字の平屋

  • ご主人の希望は、平屋・開放感・薪ストーブの3つ。歳を重ねると階段を使わなくなるであろうことと、天井を高くできることから平屋が良かったという。開放感を出すために建物の中央に中庭を設け、四方に大きな窓を配置。玄関からも廊下からもLDKからも木々を眺めることができ、室内に明るい光を取り込んでくれる。施工例で見つけて気に入っていた、中庭に向かいつつ、読書や仕事ができるスタディコーナーを一面に採用した。

  • 勾配天井で高さを出し、化粧梁を施したLDK。リビング脇の土間に置いた薪ストーブは家中を暖めてくれる

  • 自転車も玄関のインテリアとして壁掛け収納に

    ボウルを一体に収めたカウンターは汚れが溜まりにくい

    スタディコーナーの背面には大容量の本棚を造作

  • タイル張りの土間は掃除しやすく、犬のゲージを置く場所に

    焼きものならではの繊細で味わい深いキッチンのワークトップ

  • 20畳の広さがあるLDKは天井高のおかげで一層広く感じられる。ごろんと寝転がれるように畳コーナーも

讃岐富士を見渡すロフトのある平屋
PREV
あちこちから景色を取り込む家
NEXT